“黒立波”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くろたてなみ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“黒立波”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
上州高崎松平家か、その系統を引くこの地の領主大多喜おおたきの松平家ならば島原扇かたちばな、そうでなければ、俗に高崎扇という三ツ扇の紋所であるべきはずのを、いま、遠眼鏡にうつる旗印を見ると、それとは似ても似つかぬ、丸に——黒立波くろたてなみの紋らしいから、合点がゆかないのです。
大菩薩峠:28 Oceanの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)