“黒田官兵衛”の読み方と例文
読み方割合
くろだかんべえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この大任は、予もひそかに、その方ならではと思うていたが、先ごろ見えた姫路の黒田官兵衛も、ぜひ、中国攻略の折の指揮者としては、羽柴筑前を
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
秀吉は、きゃつめかならずこうくるな——と手を読んでいたから、四平地や森の人家のかげに、堀尾茂助黒田官兵衛福島市松伊藤掃部加藤虎之助
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
黒田官兵衛明石与四郎の二隊は、二重堀、田中などの兵をひきまとめ、青塚のとりでに収めよ」
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)