“黍色”の読み方と例文
読み方割合
きびいろ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黍色きびいろの容貌に、あごだけの羊髯ひつじひげをバサとそよがせ、口大きく、眉は少し八の字、どこか愛嬌さえある顔だが、身のたけときたら一かんの松のごとく、すッくと見え、さらに憎ていなのは、手に鼈甲紙べっこうがみ団扇うちわなどを持って、ふところに風を入れていたことだった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)