“鴇婦”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ポオプウ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鴇婦”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「お母さんと言うのは義理のお母さんだよ。つまりその人だの玉蘭ぎょくらんだのを抱えているいえ鴇婦ポオプウのことだね。」
湖南の扇 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
この部屋に僕等を迎えたのは小肥こぶとりに肥った鴇婦ポオプウだった。
湖南の扇 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)