“鳶鷹”の読み方と例文
読み方割合
とびたか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鳶鷹でちつとも似てゐないけれど、今の父親の娘に違ひありません、殺された孫三郎叔父さんは、先代の弟で、私の本當の叔父、手代の金之助は
銭形平次捕物控:311 鬼女 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
お六は金棒曳で見つとも無い女ですが、伜の徳三郎は、鳶鷹のちよいと良い男で、死ぬほどお梅を思つて居る樣子です。でも、の面には『此戀叶ひ難し』と出さうですね
「娘ですよ、鳶鷹ですよ、——鬼の五郎次郎に、菩薩の玉枝——つてね、本郷中で知らない者はありやしません。あんな娘の親に、あんな慾の深い人間があると思ふと、こいつは神樣の惡戲としか思へませんね」