“鳴物停止”の読み方と例文
読み方割合
なりものちょうじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同族の三次の浅野家でも、芸州の広島でも、鳴物停止があったというから、勿論、ここでは享楽的な音響は一切しない。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「将軍家の逝去、ために、天下は、鳴物停止のこと、いかに草深い所の百姓でも、知らぬはずはあるまいに、あの人もなげな神楽囃子は? ——」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「お祖父さまは、こんど将軍様御他界で、鳴物停止になっている世間のことを、御存じないのでございますか」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)