“鬚蓬々”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひげぼうぼう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鬚蓬々”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 記録 手記 ルポルタージュ1.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
記者はドキンとして顔をツルリと撫でた……風邪が抜けないので鬚蓬々ひげぼうぼうとしていた。次に帽子を冠り直した……古ぼけた茶の中折れであった。おとっつぁんと呼ばれても文句は云えなかった。
東京人の堕落時代 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
PR