“鬚奴”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひげやっこ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鬚奴”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史1.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
徳川時代に至るまでも、鬚奴ひげやっこの称ありて、武家の従者はなお余五将軍の郎等、太郎介と同じく、鬚多きをもってしとせしなり。
武士を夷ということの考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
PR