“高台:たかみ” の例文
“高台:たかみ”を含む作品の著者(上位)作品数
長谷川時雨1
“高台:たかみ”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 日本4.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
二階の裏窓から眺めると、谷であった低地ひくちを越して向うの高台たかみの角のやしきに、彼女はして来ていた。
江木欣々女史 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)