“高冢:かうちやう” の例文
“高冢:かうちやう”を含む作品の著者(上位)作品数
幸田露伴1
“高冢:かうちやう”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 倫理学・道徳 > 人生訓・教訓7.7%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
現代青年を如何に咎めても、眞田幸村や後藤基次は餘命幾干も無くなつて居り、いろ/\の立派な由緒ある古いものは高冢かうちやうとなつて新時代に遺るであらう。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)