“驢胎”の読み方と例文
読み方割合
ろたい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
僕は父がを煩つたときの子である。生薑の砂糖漬などをつてゐたときの子である。さういふ時に生れた子である。ただ、どちらにしても馬胎でて驢胎に生じたぐらゐに過ぎぬとは僕もおもふ。
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)