“驢々”の読み方と例文
読み方割合
ろろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『漢書』に、亀茲王が漢に朝し、帰国後衣望服度宮室を、漢の風に改めたが、本物通りに出来ず。外国胡人皆って驢々にあらず、馬々にあらず、亀茲王のごときは騾という物じゃといったと見ゆ。