“駿遠”の読み方と例文
読み方割合
すんえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そしてようよう、駿遠山境踏破してきた。もとより旅人もあまり通らぬ道、里数はあまりはかどらない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また、家康から質子をとって、なぜ彼が駿遠へ領土をひろげてくるのを黙視していたか。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
駿遠方面から本国へもどって来たものであることもいうまでもない。日ごろの健脚に一倍風をきッて行く様子から見ると、何かよほど急を要する情報でもえているらしく思われる。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)