“関谷”の読み方と例文
読み方割合
せきや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
関谷の武藤氏の家には近いころまで、この樺皮のまだ何にも使用せぬものが何枚かあった。それはそれは精巧なものであったそうである。
雪国の春 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
「そんな筈はない。親許の関谷さんや、媒酌の方もこの駅に見えた位だから」
身代りの花嫁 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
はるかに馬車の影が見えてテートーと喇叭を吹けば、これ我等がためにマーチを吹くなりと称して痛快にけ出し、ちにして追い越してしまう。大那須野平野を行くこと五里にして関谷へ着く。