“開聞”の読み方と例文
読み方割合
かいもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
火に燃ゆる桜島を後にし、右手に開聞の美しい姿が眼に入りますと、船は早くも広々とした海原に指しかかります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
例せば薩摩富士(開聞岳)、讃岐富士(飯ノ山)、近江富士(三上山)、南部富士(岩手山)、津軽富士(岩木山)、又は蝦夷富士(マクカリヌプリ)などは、それぞれ山の形が似ている為に呼ばれ
二、三の山名について (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
開聞のさやかに見ゆるこの朝け桜島のうへに雲かかりたる
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)