“鎮座”のいろいろな読み方と例文
旧字:鎭座
読み方割合
ちんざ83.3%
チンザオ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天下てんか大将軍だいしょうぐん鎮座ちんざする江戸えど八百八ちょうなら、うえ大名だいみょう姫君ひめぎみから
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
菜の花に気をとられて、踏みつけたあとで、気の毒な事をしたと、振り向いて見ると、黄色な珠は依然として鋸のなかに鎮座ちんざしている。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
休屋やすみややまに一かつそびえて巌山いはやま鎮座ちんざする十和田わだ神社じんじやまう
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
鹿島の神は、現在茨城県鹿島郡鹿島町に鎮座ちんざする官幣大社鹿島神宮で、祭神は武甕槌命たけみかづちのみことにまします。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
神田柳原和泉いずみ橋の西、七百二本たつや春青柳あおやぎこずえよりく、この川の流れの岸に今鎮座ちんざします稲荷いなりの社に、同社する狸の土製守りは、この柳原にほど近きお玉が池に住みし狸にて、親子なる由、ふと境内にうつされたる也。
江戸の玩具 (新字旧仮名) / 淡島寒月(著)
よく支那人が買いに来ていて番頭さんが片言で「鎮座チンザオ々々」なんどとやっていた。
新古細句銀座通 (新字新仮名) / 岸田劉生(著)