“鎮座”のいろいろな読み方と例文
旧字:鎭座
読み方(ふりがな)割合
ちんざ83.3%
チンザオ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鎮座”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
鹿島の神は、現在茨城県鹿島郡鹿島町に鎮座ちんざする官幣大社鹿島神宮で、祭神は武甕槌命たけみかづちのみことにまします。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
休屋やすみややまに一かつそびえて巌山いはやま鎮座ちんざする十和田わだ神社じんじやまう
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
よく支那人が買いに来ていて番頭さんが片言で「鎮座チンザオ々々」なんどとやっていた。
新古細句銀座通 (新字新仮名) / 岸田劉生(著)