“親季”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちかすえ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“親季”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 仏教 > 各宗6.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
西山の善恵房澄空は入道加賀権守親季ちかすえ朝臣の子であったが、十四歳から三十六歳まで、二十三年の間法然について親しく教えを受けた。
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)