“蟹奴”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かにめ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蟹奴”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
王様。わたしはこの国の南の海の底にある海の国の女王で御座います。この度の王様の御布告おふれを家来の蟹奴かにめから承りまして、御恥かしながら海の底から、はるばると御目見得に参ったもので御座います。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)