“蕃牡丹畠”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
キャベツばたけ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蕃牡丹畠”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼は種々な物のかたちを眼に浮べながら帰って来た――ところどころに新築された別荘、赤く塗った窓、蕃牡丹畠キャベツばたけ……それから古い駅路の両側にある並木、その蔭を往来する避暑客、金色な髪の子供を連れて歩く乳母……
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
PR