“菊綴:きくとぢ” の例文
“菊綴:きくとぢ”を含む作品の著者(上位)作品数
芥川竜之介1
“菊綴:きくとぢ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
水干はそれでも、肩が少し落ちて、丸組の緒や菊綴きくとぢの色が怪しくなつてゐるだけだが、指貫になると、裾のあたりのいたみ方が一通りでない。
芋粥 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)