“花和尚魯智深”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かおしょうろちしん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“花和尚魯智深”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
とど助は、花和尚魯智深かおしょうろちしんのような大眼玉をいて、腕まくりをしながらアコ長のほうへ振りかえり、
顎十郎捕物帳:23 猫眼の男 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
身の丈五尺九寸もある大入道おおにゅうどう大眼玉おおめだま。容貌いたって魁偉かいいで、ちょうど水滸伝すいこでん揷絵さしえにある花和尚魯智深かおしょうろちしんのような面がまえ。