“自己批判”の読み方と例文
読み方割合
サモクリチカ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自己批判。生産にいかに女性が助くべきか、失業の問題、プロスチチュート〔売淫〕の問題、ウォツカが大変のまれることについて家庭生活の標本たるべき責任等について問題が話された後