“羅曼底”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ろまんちつく50.0%
ロマンチツク50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“羅曼底”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
瞳の青い羅曼底ろまんちつくは忘れた故郷ふるさとを捜して居る。
北原白秋氏の肖像 (新字旧仮名) / 木下杢太郎(著)
將又この羅曼底ロマンチツクが實生活にも働くのである。
海郷風物記 (旧字旧仮名) / 木下杢太郎(著)