“罪鴉”の読み方と例文
読み方割合
ざいあ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
万一他の鴉の巣から材料を盗んで自分の巣を造るに用いるような者がある場合には、周囲の者が寄り集まってたちまち罪鴉をつつき殺してしまう。
動物の私有財産 (新字新仮名) / 丘浅次郎(著)