“續度”の読み方と例文
読み方割合
つぎたく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
致しの修驗と相成て後當村へり其時にこそ師匠感應院の院を續度存ずるなりれ此儀を御許し下され度夫迄の内は感應院へはき代りを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)