“繩梯”の読み方と例文
新字:縄梯
読み方割合
はしご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それからの靴の請負の時はドウだ、糊付けのが雨に離れて、水兵は繩梯から落ちて逆巻行衛知れずになる、艦隊の方からはしく苦情を持ち込む、本来ならば、彼時山木にしろ、君にしろ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)