“縦孔:たてあな” の例文
“縦孔:たてあな”を含む作品の著者(上位)作品数
小栗虫太郎1
海野十三1
“縦孔:たてあな”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「ああ、こんなところに、縦孔たてあながあった!」
流線間諜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
ところで、これは一つの錯視現象なんだが、例えば一枚の紙に短冊形の縦孔たてあなを開けて、その背後で円く切った紙を動かして見給え。その円が激しく動くにつれ、しだいと楕円に化してゆく、ちょうどそれと同じ現象が、上下二段の鍵盤キイに現われたのだ。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)