“緒方洪庵先生”の読み方と例文
読み方割合
おがたこうあんせんせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このようなさわがしさので、緒方洪庵先生が、急病でなくなりました。それは、文久三(一八六三)十日のことでした。
「しかし、緒方洪庵先生といえば、大阪でもゆうめいな医者ですよ。その医者のところへ砲術しゅぎょうにいくというのは、おかしいではありませんか。」