“組服”の読み方と例文
読み方割合
スーツ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黒のむぎわら帽をかぶり紺の組服が肩胛骨の上でなえた中年女がその店へ入って行き、白いうわっぱりを着た男に小さい紙片を渡した。
ロンドン一九二九年 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)