“索頭”の読み方と例文
読み方割合
たいこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まるで弁慶か索頭持ちみたいにここを先途と洒落あかして、刻の移るのも忘れてしまったが、そのありさまはここに写すまでもない。
猿飛佐助 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
まるで索頭持だ、いや樗蒲打だ、げすの戲作者気質だなどという評語であったろうが、しかしわが猿飛佐助のために一言弁解すれば、彼自身いちはやくも自己嫌悪を嘔吐のように催していた。
猿飛佐助 (新字新仮名) / 織田作之助(著)