“紆波”の読み方と例文
読み方割合
うねり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのにMが膝位の深さの所まで行って見ました。そうすると紆波が来るごとにMは脊延びをしなければならないほどでした。それがまた面白そうなので私たちも段々深味に進んでゆきました。
溺れかけた兄妹 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
紆波といいますね、その波がうっていました。
溺れかけた兄妹 (新字新仮名) / 有島武郎(著)