“紅山茶花”の読み方と例文
読み方割合
べにさざんか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は紅山茶花を見るといつも思うのです。家庭というものは、こうも静かで浄らかであり、可憐なあでのいろをも添えたい。静かで浄らかでも蓮の花ではあまりに淋しい。
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)