“糊精”の読み方と例文
読み方割合
こせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
パンと塩と水とをたべている修道院の聖者たちにはパンの中の糊精や蛋白質酵素単糖類脂肪などみな微妙な味覚となって感ぜられるのであります。
ビジテリアン大祭 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
小山の妻君「日本の小麦粉はどういうで粘着力が多いでしょう」お登和嬢「それは日本の空気に湿気の多いためどの澱粉質にも糊精という成分が多いからだそうです。 ...
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
含水炭素とは澱粉、糖分、糊精等にてこれもまた体力と体温とを生ず。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)