“籾播”の読み方と例文
読み方割合
もみま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
関東の苗尺石城地方の苗見竹、それより東北一帯にかけての家々の苗じるしは、何れも籾播き以前から苗代の真中に立てられ、それを目当てに種を撒くために存在するものの如く言い伝えているが
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)