“米寧”の読み方と例文
読み方割合
メナイ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
米寧湾が目前に大きく開け、雪動の連峰は背後にうず高し。だれが英国は風景にとぼしいというのであろうか、磐戈はまことに神仙が住むという小蓬莱である。)
西航日録 (新字新仮名) / 井上円了(著)