“簸盪”の読み方と例文
読み方割合
ひとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たる一山僧の身をて、燕王を勧めて簒奪てせしめ、定策決機、皆みずから当り、天命を知る、ぞ民意を問わん、というの豪懐て、天下を鼓動し簸盪
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)