“篠輪絣”の読み方と例文
読み方割合
ささのわがすり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
薄汚ない篠輪絣単衣に、縞目も見えなくなった軽山袴をはいていて、服装だけは、いかにも地臭そのものであろうが、それに引きかえ顔立ちには、全然それとはそぐわない、透き徹った理智的な
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)