“篠薄”の読み方と例文
読み方割合
しのすすき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其光りで下を見ると梯子段の下は一パイの捕手で槍の穂先はか/\と丸で篠薄です。三発やると初めに私を捕へた男が持つた槍をトンと落して斃れました。私は嬉しかつた……。
千里駒後日譚 (新字旧仮名) / 川田瑞穂楢崎竜川田雪山(著)