“篠舟”の読み方と例文
読み方割合
さゝふね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
歌詞は“おもひを篠舟にのせれば、思ひは沈む恋は浮く”というのや“波の八島をのがれ来て、たき木刈るてふ深山べに、ゑぼし狩衣ぬぎすてて
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)