“筵破”の読み方と例文
読み方割合
むしろやぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
妙なことがあるもんで、ここで何も俗にいう死神が取着いたというわけではないから、のような筵破りは除外例、その死神がお夏さんをうためにしばらく人を払ったというのじゃがあせん。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)