“筑波井風”の読み方と例文
読み方割合
つくばいふう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
い上りから外は、型ばかりだが、それでも庭になっていて、竜舌蘭だの、その他熱帯植物が使われていた。土人が銭に使うという中央に穴のある石が筑波井風に置いてあった。
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)