“筑摩家”の読み方と例文
読み方割合
つくまけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一閑斎も「今日の働き神妙に候」と云ってその武勇をめそやしたが、「あれはゆくすゑ恐ろしき者なり、わが亡き後は筑摩家の家運いかゞあるべし」
それで一日も早く自分の居城多聞山を呼び戻したく、たび/\そのことを筑摩家へ願い出たのであったが、兎角国中に穏かならぬ謡言が専らである折柄