“笑談口”の読み方と例文
読み方割合
じょうだんぐち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今ごろ髪を七三などに結って、下卑笑談口などきいてっくりかえっているそこらのお神なぞも、鼻持ちのならないものであった。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「君は一、二度亭主を持ったことがあるだろう。」とか「どんな亭主がいい?」とか、そんな笑談口をききながら、肉を突ついていた。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
少年のような顔をした浅山は、ぐずりぐずりした調子で、媒介人とこの婆さんとを相手に、ちびちびいつまでも後を引いていた。そして時々お庄の失笑すような笑談口を利いた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)