“竹河”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たけかわ50.0%
たけかは25.0%
たけがわ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“竹河”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と言われて、「竹河たけかわ」をいっしょに歌ったが、まだ少年らしい声ではあるがおもしろく聞こえた。御簾みすの中からもまた杯が出された。
源氏物語:46 竹河 (新字新仮名) / 紫式部(著)
竹河たけかわの巻の初めに、この話は亡くなった太政大臣家に仕えた老女房の語ったことで「紫のゆかりこよなきには似ざめれど」と書いてあるのは、前篇を書いた紫式部の筆には及ばぬがということで、注釈者たちが紫の上のことにしているのは曲解きょっかいなのである。
竹河たけかはのはしうちいでし一節ひとふしに深き心の底は知りきや
源氏物語:46 竹河 (新字新仮名) / 紫式部(著)
ほのぼのと白む朝ぼらけに、酔い乱れて「竹河たけがわ」を歌っている中に、内大臣の子息たちが四、五人もいた。
源氏物語:31 真木柱 (新字新仮名) / 紫式部(著)