“白耳義:ベルジック” の例文
“白耳義:ベルジック”を含む作品の著者(上位)作品数
島崎藤村1
“白耳義:ベルジック”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
戦地の方から送られて来たそれらの負傷兵は白耳義ベルジック方面の戦いの激しさを事実に於いて語って見せていた。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
今日動員令が下るか明日下るかとうわさされていた頃に、岸本は高瀬と連立って白耳義ベルジック行の人を北の停車場ステーションまで送りに行った。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)