“白真弓”の読み方と例文
読み方割合
しらまゆみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
心弱しや白真弓、ゆん手にあるは我が子ぞと、思い切りつつ親心の、闇打ちにうつつなき、わが子を夢となしにけり——
籠釣瓶 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
虚々実々、いずれをまことと白真弓……か、うまく一ぱいくわされたぞ」
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
内容は、左膳の計略で壺にはあらで、隅田川の水に洗われたまるい河原の石……いずれをいずれと白真弓と、左膳がその石のおもてに一筆ふるってあったのは剣怪ちかごろの大出来だったが
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)