“白真剣”の読み方と例文
読み方割合
しらしんけん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それかといって、全然芝居でない白真剣の立ち廻りだとしたら、いよいよ奇妙奇天烈で、狐や狸やの類が乗せっこのバカシックラをしているのを、遠くから見ているようなわけになってしまう。
その費用を調達のために俺は白真剣になって東奔西走したものだ。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)