“珍珠”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うづだま50.0%
ちんしゅ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“珍珠”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
きほひ立ちただち砕くる波の穂のしぶきが飛ばす潮の珍珠うづだま
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
びろうどの黒い丸襟まるえりの服を着、羊脂ようしたまのかがやく帯には細身な短剣をいているのみでなく、金鶏きんけいの羽ネで飾られた貴人のかんむりといい珍珠ちんしゅくつ、どう見ても、王侯のにおいがする。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)