“濡紙”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぬれがみ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“濡紙”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それから焼松茸やきまつだけと申すのが大層美味おいしいものですがそれはあまりに開き過ぎない松茸を丸のままよく塩水で洗って濡紙ぬれがみへ包んで火の中の灰へしばらく埋めておきます。気長にしてよく松茸が蒸焼にならなければいけません。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)