“横緒”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
よこお100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“横緒”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
連れの職工から、旦那とか色男とか言われた手前もあり、もう、どうしたらいいか、表面は何とかごまかし、泣き笑いして帰りましたが、途中で足駄の横緒よこおを踏み切って、雨の中をはだしで、尻端折しりばしょりして黙々と歩いて、あの時のみじめな気持。
男女同権 (新字新仮名) / 太宰治(著)